美しさのかたち

最近そこかしこで耳にする「ぶっこむ」っていうワード、アレ何ですか?呑み屋さんでも若い子のグループからしきりに聞きます。

ヤマダ、いまいち意味が飲み込めていないのですけれど「ちょっと危なっかしい話題を無茶なタイミングで放り込む」みたいな感じ?

あんまり綺麗な言葉じゃないですね。あと「超」と「ヤバい」を連呼するなっ。ぜんぜん超でもないしヤバくもねぇっ!

顧客の男の子が大学を卒業して就職すると、程なくして一人称が「私」に変わっていたりします。もうおっさんなのにオレとか僕とか言っているヤマダはそのたびに恥ずかしくなっちゃうのですが、「私」もなんだか違う感じがして長いこと保留中。

近ごろ頓に思うのが女性の美しさや男性の格好良さって見た目だけじゃないということです。

見た目じゃない、ではなく、見た目だけじゃない、です。ヤマダは美容師ですから見た目はもちろん気にします。

ただ身体や顔の造作がいくら美しくても、表情とか仕草とか喋り方や言葉遣いが醜いと外見が美しいだけにがっかりの度合いが激しいし、絶世の美貌じゃなくったって品や知性が感じられて、その人に似合う髪型や服装をしていると非常に魅力的にみえたりするものです。近年、ヤマダは年齢のせいか後者のタイプの人に惹かれるようになってきました。

もうすぐいなくなってしまうジムのトレーナーさんも、最近ちょくちょく行ってしまうロックバーのアルバイトの女の子も、若いのに言葉遣いがとても綺麗なのが好印象でした。

断じて若くて可愛いからだけじゃないんですからねっ!
[PR]
by crabclub | 2014-03-22 07:35 | 日記

髪を切ったりギターを弾いたりしています。


by 天丼で鉄板

カテゴリ

ベストオブ天丼で鉄板
日記
仕事
スーパーギタリスト計画
近くに出かける
遠くに出かける
音楽 読書
映画 演劇
写真
ご案内 ご報告

その他のジャンル

記事ランキング