ちょっとした騒ぎ

実家のキッチンと水周りがリフォームされるそうです。

ヤマダの実家は賃貸物件でかれこれ35年くらい更新をし続けています。

一度30周年くらいの時、住んでいる年数に家賃を掛けた計算をしてみたら、ちょっとした一軒家が建つ金額になっていました。

持ち家にこだわらない方針は、生粋の遊牧民気質である父親の意向が強く反映しています。人間いつどうなっちゃうかわからないんだから持ち物は出来るだけ少ないほうがいいのだと。その割に35年も同じところに住んでるじゃないかと、今まで100回くらいツッコミを入れてきたのですが、家を買っての35年と結果的に同じところで35年住んでいることの意味合いは全く違うんだ、という何だかわかるようなわからないような意見で煙に巻かれてきました。

なにせ築35年超です。構造は鉄筋コンクリート製で数年前に壁も塗り替えられたので、外観はまだまともですが、内装はかなりくたびれています。特に水周りとキッチンの劣化は激しく床なんてそのうち抜けて母親が下の部屋に落ちちゃうんじゃないの?と思えるほど。

築年数のわりに家賃が相場よりも高く、内装の老朽化が著しいのは帰省するたびにヤマダも感じていたので事あるごとに引越しを提案していたのですが

父「えー、いいよもうここで。面倒だろう?」

おいおいシゲキ、老け込んじまったな。颯爽としたノマドスピリットはどこへ行っちまったんだ?

母「なんかねぇ、ボロになっちゃったけど私は愛着があってねぇ。」

おいおいミチコ、愛着って賃貸だぞ。あとね、アナタこのままだと床抜けて下に落ちるから。

更新の機会に父親が管理会社と交渉して、家賃を下げるか内装の修繕をしてほしいと提案したら、修繕案が通り、先日大工さんやら内装業者さんやらがいろいろと寸法を測っていったそうです。工事中は隣の空き部屋を使わせてもらえるとのこと。

近所でもっと綺麗で安くて広い物件あるのになぁ。まぁ、住んでいる人間の意向を尊重するより他ありません。

実家がけっこうボロいから、ちょっとボロいに変わるというお話でした。
[PR]
by crabclub | 2012-03-29 11:53 | 日記

髪を切ったりギターを弾いたりしています。


by 天丼で鉄板

更新通知を受け取る

カテゴリ

ベストオブ天丼で鉄板
日記
仕事
スーパーギタリスト計画
近くに出かける
遠くに出かける
音楽 読書
映画 演劇
写真
ご案内 ご報告

その他のジャンル

記事ランキング